ツリーカテゴリー

自己紹介

志方華居

名前:志方華居
うまい料理と酒と、
音楽とテニスと自転車を愛する、
都内某出版社の編集者です。

→もうちっと詳しいプロフィール


最近の記事

メールフォーム

お仕事のご相談などはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ジョー奥田さんにインタビュー

9月の中頃に発売を予定しているムック企画のコーナーで、
ネイチャーサウンドアーティストの、
ジョー奥田さんにお話を伺う機会を得ました。

地球上に存在するあらゆる自然音を、
最高の品質で録音し、アーカイブしてらっしゃる方です。

CDも発売されています。
ジョー奥田さんのホームページ

詳細はムックの発売をご期待くださいませ、なのですが、
ジョー奥田さんの仕事場で出会ったのが「フリッツ君」です。

2008_07_29_joe01


あいや、君、コワイよ(笑)

夜中に廊下で出会ったら、おいら泣いちゃうよ。

自然音の録音の際に使用している、
バイノーラルマイクの一種なのですね。

一般的なバイノーラルマイクは、
インナー型のヘッドフォンの形状をしていて、
人がはめた状態で、臨場感のある音を録音します。

ただ、人が付けているので、いろいろな音を拾ってしまい、
本人も大変不自由という弱点があります。

そこで、このフリッツ君。

両耳の位置にマイクが埋め込まれていて、
人間の肌の吸音、反射まで計算された素材で表面が覆われており、
骨格に反響する音までリアルに録音できるのです。

このフリッツ君で録音された音は、
まさしく「その場にいるような」音となるのです。

ちなみにこのフリッツ君はドイツ生まれ。
ドイツでは「フリッツ」とは大変ポピュラーな名前で、
日本で言う「太郎」みたいなもの。「録音 太郎」君なのですね。

インタビューでは人生と音楽と自然にまつわるお話を伺えて、
心にやさしく染み入る、印象深い時間をすごせました。

ちなみにソロワークのほかに、
ピアニストの高橋全さん、元チェッカーズの藤井尚之さんと、
「The Nature Sound Orchestra」(NSO)というユニットを組んでいます。

7月31日木曜日、9:55~11:25にフジTV系列で放映される、
『ハピふる!』という番組に出演されるそうなので、
よろしかったらチェックしてみてください。

【関連記事】
Joe Okuda
The Nature Sound Orchestra

Joe Okuda Blog
「NSO テレビ出演のお知らせ」


NSOブログ
「NSOの裏メンバー“フリッツ君”のご紹介♪」


【Ad】
スポンサーサイト



2008-07-29(Tue) 20:34| 仕事| トラックバック 1| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wineandrib.blog110.fc2.com/tb.php/26-b5f5528d

山口泰さん(monkbeat)が「かまわぬ」の浴衣を着る @ 表参道ヒルズ

先日はムック企画でジョー奥田さんにお話を伺いましたが、 その第二弾で、山口泰さんにお会いしました。 山口泰さんはレコーディングエン...

2008-08-04(Mon) 21:40 | 酒とバラ肉の日々

Twitter

記事を書いた日いつだろな

ブックマーク&RSS

ブログ内を検索

Amazon.co.jp

RSSフィード

リンク

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。